28.闇山津見神
 クラヤマツミノカミ 

〜魅力の最大発揚の力〜
真実の魅力からくるエクスタシーを自己と他者に与えていく力を取り戻すことを示しています。進化のプロセスの中で激烈な変容を超えていく時に、このエクスタシーはなくてはならない力であり、それを意識して発揚していくことが大事な時であることを告げています。愛するパートナーとの深い抱擁や、荘厳な自然の美しさに包まれた恍惚感や深い高揚感、自分を大事にしてくれた親や恩師や、そのように感じる神や仏から心底愛され、抱かれ一つに溶け込んだ、そんな経験とつながり、そこに深く溶けてみましょう。その感覚こそがあらゆる変容、激動、ネガティブに思える状況を、楽々と最高の喜びを以って超えていく力となります。









btn_link.jpg(7634 byte)