96.鳴雷
 ナリイカヅチ 

〜スピリチュアルな真実の放棄、スピリチュアルな基盤の破壊〜
このカードが示すカルマは、スピリチュアルな真実を基にした人生の放棄のカルマです。人の魂は宇宙創造の心から生まれ、そして天命を持ちます。それに従い生きるのが人の魂の根源的な存在価値と存在理由ですが、一番根本的なスピリチュアルな基盤を失うというのは、そのことを完全に放棄し無視してしまったということです。自分自身が何のために存在しているか、自分自身が本当にこの生命圏に対して何を行なったらいいのか、わからなくなってしまいます。そして、魂として受け継いできた才能や先祖から受け継いできた技能や能力などを、どのように発揮したらいいのか忘れてしまいます。そしてまた、他の人に私たちがスピリチュアルな存在ではないということを主張し広めてしまうことで、道を誤らせてしまっている場合もあるでしょう。また、神社や仏閣や、人々のスピリチュアルな拠り所となっている神聖なるものを、破壊して踏みにじったカルマがある場合もあります。特に、現実的な神殿や、神体というものを破壊したというよりは、人々の心の中の拠り所を破壊させ、それに対する信頼を失わせるような行為です。このカードの示すカルマを癒すには、何よりもまず、私たちがスピリチュアルな価値のある大切な存在であるということを深く意識して行なうことから始まります。

癒しをサポートしてくれるカード

癒しのために39番のカードの神様とつながってみましょう。何よりもまず、私たちのスピリチュアルな存在意義と価値を深く思い出し、認めるところからこの癒しは始まります。そして、自分たちだけでなく、まわりの人すべてや、あらゆる生命が宇宙創造の神の子であるということを、深く認めて思い出していきましょう。自分自身の行動の基準を、宇宙創造の神の子として深い責任を持っているとすれば今何を選択するだろうか、というところに戻して、そこからあらゆる行動を選択してみましょう。また、宇宙創造から始まって、先祖を通じ、魂のあらゆる転生を通じ、自分に授けられている、この生命圏と宇宙をより素晴らしくするための才能に深く意識を向けましょう。私たちの母なる大地である地球が太陽から分かれ創造された時に、どんな深い宇宙のスピリチュアルな意志がそこに作用していたかを思い出してみましょう。もし分かるとすれば、自分自身の魂や自分を構成する氣のエネルギーは、この地球が生まれてくる時、そして、この大地や日本という国となっているこの土地の姿が生まれてくる時に、どんな力として作用していたかを感じてみましょう。そして、自分自身が生まれた土地にも、今でもその時の創造の力や氣の力の名残が存在していることを思い浮かべてみましょう。その氣を受けて、おぎゃーと生まれてきたということの大切さを思い出してみましょう。そして、そういう存在である自分として生きることを決めましょう。そういう存在として今何を為すのが一番素晴らしいかを内側に訊ねて選択しましょう。そしてまわりの人々に、私たちのすべては宇宙創造の神の心より生まれた、とても価値のある、とても大切な使命を持った存在であるということを語っていきましょう。そうすることで、あなた自身のスピリチュアルな基盤も、まわりの人のスピリチュアルな基盤も回復させていくことができるでしょう。










btn_link.jpg(7634 byte)