100.千頭絞り殺す
 チガシラクビリコロス 

〜無関係のものまで巻き込む破壊〜
これは、自分の期待にそぐわなかった者や自分に不都合を与えた者やひどい目に合わせた者に対して、その恨みを本人だけではなくその相手に関わる無関係な人や物事にまで広げてしまうというカルマです。この心は、自分の敵の友達はみんな自分の敵であるという氣持ちから生まれていて、愛を破壊しようとする強烈な行為です。そしてまた、このカルマは、普通のカルマが持つ自分への反動以上に強烈に自分に返ってくるカルマでもあります。なぜかというと、自分が憎む相手が愛して繋がっているものすべてに向けられた攻撃性は、いつしか自分の愛する者にも繋がってしまう可能性があるからです。これも101番のカードと同様、復讐に関わるカルマですので、この心の奥にも自分の人生は自分が創り出しているという創造の力と責任の放棄があります。

癒しをサポートしてくれるカード

40番と41番のカードを取り出して深くつながってみましょう。そして、もしそんなことがあるとすれば、自分が無関係な人まで巻き込んでまで恨みをはらしたり復讐を果たしたいと思っている状況はどんな状況か思い浮かべてみましょう。無関係な人まで巻き込んで恨みをはらすということは、実はこの攻撃が最終的にはその状況を創った自分の運命や創造主に向かっているということに氣が付きましょう。自分自身の受けたあらゆる不都合は、何らかの自分自身の選択と確実に関係しているということを思い出してみましょう。実は相手以外の無関係な人にまで攻撃と復讐の心を広げてしまうということは、自分自身が創り出した自分への不都合を認めることがあまりにも辛いという真実から、すべてを無に帰してしまえばその責任や辛さのすべても無くしてしまえるという幻想から生じています。しかし、それは真実ではないので、行なえば行なうほど、現実は楽になるどころかさらにネガティブカルマを積み、苦悩が増していきます。もとはといえば自分自身が創り出した苦悩であるということを悟る時、そして、無関係な人にまで攻撃を広げてしまったということの重大さに直面する時、あり得ないほどの居心地の悪さを、氣持ちの悪い感情を感じるかもしれませんが、これを完全に感じきることでこのカルマは癒される方向にどんどん進んでいきます。そして、巻き込んだすべての人々が自分の発した攻撃からの痛みや苦しみから解放され、楽になること幸せになることを心底願いましょう。もちろん、自分が恨んだ直接の相手も完全に許しましょう。そうできるように、40番と41番の神に祈って魂と心を癒しましょう。










btn_link.jpg(7634 byte)