102.黄泉津大神
 ヨモツオホカミ 

〜変容の過程での手放しを不幸と感じる心、創造の被害者になる不幸〜
このカードの知らせるカルマは、創造の流れの中で、進化や成長や成功が、新たなるフェーズに移行する時に、それまでの流れの中の見方では、滅びと感じてしまう変化を、すべて不幸な出来事として受け止めて、背負い込んでいるということを教えています。実が実るには、花が散らなければなりません。実の中の種が新しい木に育つためには、実は朽ち果てて大地に落ちなければなりません。種が大樹を創るには、種の姿を捨てなければなりません。新たなるステージへの躍進的変容は、必ず古きものの消えゆくことを表わしています。宇宙の進化とともに存在している膨大な消えゆくものを不幸せだと受け取ったすべての想念が、私たちの不幸の総量と思っていいのです。不幸が存在するということが、スピリチュアルな感性で人生をとらえるなら間違った見方であり、その間違った見方を信じ込んでいるカルマの存在を教えているのです。スピリチュアルな感性にしたがって生きていくと、今までのすべての崩壊というものであったとしても、あらゆる創造のフェーズを幸せとして捉えることができます。このカードは、自分のあらゆる境遇を、宇宙創造の神の視点から見て幸福であるという真実に立ち返ることで、人生が劇的に好転することを告げています。別の言葉を使えば、宇宙創造の神の行為と選択の被害者でいるという選択の積み重ねが、私たち人類のすべての不幸の源であると、このカードは告げています。

癒しをサポートしてくれるカード

この癒しは、壮大な魂の歴史の癒しになります。また、連綿と続く先祖からの血の癒しにもなります。そして、私たち人類がまだ本当には通過したことのない、集合的な大いなる癒しにつながるとてつもない可能性を秘めています。神の道を深く研鑽して探求している人々が、イザナギとイザナミの仲たがいを癒すことで、日本やそれに関わる世界のカルマを解決できると信じ、それを行なおうとする真心ある人々がいますが、その本当の方法は深く明らかにされてはいないため、今だに未解決のままです。この癒しは、まさに根源的なイザナギとイザナミのカルマを解決する方法であり、私たちの誰もが一部で受け継いでしまっている、そのカルマを解決する大きなカギの一つです。この癒しを行なうには、他の癒しよりも、さらに深い決意が要ります。その決意というのは、この癒しに関わる真実を、どんなに自分の感情や心が騒ごうとも、どんなにまわりの人がそれに対して反論を述べたり間違っていると主張したとしても、絶対に以下の事を真実として受け入れるという決意です。そのために知る真実は、まず第一に「すべての不幸と自分が不幸でいることは、神への反逆である、という真実」です。二番目に、「すべての不幸と見えるものは、自分がそれを不幸と捉えることを好んでいるからだという真実」です。そして三番目に、「すべての人生の不都合は、自分が自分に与えた不都合であるという真実」です。そして四番目に、それゆえに、「どんなにひどい出来事があったとしても、たとえそれが他の人から与えられたという現実が存在したとしても、自分が自ら好き好んで被害者になったという真実」です。そして五番目に、「あらゆる人生の不幸は、自分で自分に不幸者というラベルを貼った時に生まれるという真実」です。このどれもが恐らく、一般的な常識とは相容れないでしょう。また、潜在意識や無意識の働きやカルマのことを理解している人でも、このすべてを真実として受け入れようとする時に抵抗を感じる人もいるでしょう。ですが、この真実を受け入れた時に、私たちの長い歴史の間で意識の中に刷り込まれ、刻まれてきた不幸が確実に消えていきます。その不幸の信念によって今生み出されている不幸が確実に消えていきます。「運命と宇宙創造の心の創り出した流れの被害者でいることをやめる」と、きっぱりと宣言してください。そして、自分自身の人生に、誰かに何かをされて自分はこうなったと思うあらゆる見方を無くしてください。自分の中にあるすべての先祖と過去世の歴史で育まれてきた、何万何十万何百万という、自分は○○のおかげで不幸になったと主張しているすべての人格を見つけてみましょう。そして、そのすべての人格に対して、最初に挙げた五つの真実を徹底的に知らせていきます。たとえどんなに内側のあらゆる人格がそれに反論しても、どんなに論理明快に、どんなに感情に訴え、どんな証拠をあげて反論したとしても、五つの真実を貫き通してください。そして、その内なる人格の反映として、外にもそのようなことを言う人が現われてくるかもしれません。その時も、絶対に自分の中で五つの真実を揺るぎないものに保ってください。「自分以外に自分の人生を不幸にするものは存在しない」、そして、「宇宙創造主の決めたことの被害者で居続けるのをやめる」という、強烈な信念の下に人生を送りましょう。自分の中に、神の計画が私の人生を不幸にした、と言って泣いている人格を見つけたら、それは間違っていると教えてあげましょう。それが、不幸でないという真実に目覚めた時に、宇宙創造の神は、すでに用意してあった次の素晴らしきステージの高みに、その人格を連れて行ってくれます。そのような自己の意識を探究している中で、もし自分の生んだ火の神に焼かれて黄泉の国に渡り、愛する夫の神であるイザナギと離れ離れになったことを不幸だと嘆いて、宇宙創造の神にその不幸を訴え続けているイザナミの神を見つけたら、最大の癒しのチャンスです。黄泉津大神であるイザナミの神に、それは不幸ではなく見方が間違っているということを教えてあげましょう。その力が足りないと思ったら、41番の神様の力を借りてください。自分の生み出したものに自分が滅ぼされていくということが不幸であるという見方を、人類は未だに超えられないでいますが、これを超えた人には、素晴らしい飛躍が待っています。










btn_link.jpg(7634 byte)